建築の専門学校に通おう|即戦力が身につきます

技術を身につける

一軒家

建築業界は、人手不足ということもあり、高卒でも高い収入を得ることができる業界です。専門学校で学ぶ意義は、即戦力となる知識を習得できること、幅広い就職先です。2年制の学科であれば、卒業後1発で2級建築士を取れるようにしっかりカリキュラムをこなしましょう。

もっと知ろう

資格の取得と就職に有利

勉強中の男性

多くの職業によって生活や経済は支えられていますが、中でも家は人々にとって欠かすことの出来ないもので、それを建築する建築士は重要な位置づけとなっています。建築関連について学びたい際は専門学校に通いましょう。

もっと知ろう

将来性がある分野である

間取り

実際に学校を見よう

大学ではなく、専門学校で勉強しようと考えている方は決して少なくないと思われます。大学進学率が50%を超えていますが、明確な目標を持っているのであれば専門学校でも問題ありません。そこで推奨したい分野があります。それは建築分野になります。専門学校を決める際は名前だけで決めるのはナンセンスです。それぞれの専門学校でオープンキャンパスや説明会を開催しているので、積極的に参加して自分の目で確認してください。ホームページ等で確認した程度で入学してしまい、思っていたところとは違うというケースは結構あるようです。学校の雰囲気、具体的にどのようなことを勉強するか、実習施設がしっかりしているか等を確認してから決めるべきです。

ニーズが非常に高い

建築分野がなぜ良いかというとニーズが高いからになります。家だけでなく、公共施設などいろんなものがあるので、将来性が高い分野だと評価することができます。安定した仕事をしたいと考えているのであれば、建築分野がピッタリだと思われます。企業も技術者を積極的に採用していますし、将来は独立して活躍することもできます。建築は難しいイメージがあるかもしれませんが、ちゃんとした人に教わることができれば大丈夫です。一つアドバイスとして、資格の取得率を必ず確認してください。やはり資格が取得できれば、良い企業に就職できるので、取得率は重要なポイントになっています。明らかに他の専門学校より低い場合は避けた方が良いと言えます。

2級合格率と1級受験資格

勉強中

建物の設計など建築の仕事に携わりたいと考えるのであれば、専門学校に通いましょう。専門学校に火曜ことで、2級の資格取得も夢ではなくなります。今後の収入にも反映されるので、将来を見据えて専門学校にて資格取得も目指しましょう。

もっと知ろう

Copyright © 2016 建築の専門学校に通おう|即戦力が身につきます All Rights Reserved.