建築の専門学校に通おう|即戦力が身につきます

2級合格率と1級受験資格

勉強中

2級の合格率が高いです

建築に関わる職業のうち、建築士の資格を取得していると、建物の設計を行うことが可能です。とくに日本は地震が多い国であるために、設計が大きな意味を持ちます。そうした建築士になるためには、まず2級から取得することが一般的です。2級を取得すると、かなりの建物の設計を行うことができます。2級を取得するためには、受験をする訳ですが、そのためには受験資格をクリアしなければなりません。具体的な受験資格は、大学か専門学校で建築を勉強するか、7年以上の実務経験者です。しかしそうした受験資格にも関わらず、全体の合格率は20%代という狭き門になっています。これに対して専門学校であれば、70%を超えることが多いのです。このように2級への合格率が高いので、専門学校は人気があります。

1級も目指せます

また専門学校を卒業すると、4年間の実務経験を経ることで、1級の受験資格も獲得できるのです。これに対して実務経験だけの場合には、1級の受験資格を獲得できません。この点においても専門学校は、優位性が存在するのです。さて1級を取得すると、2級とは異なって大きな建造物の設計を行うことができます。さらに1級であれば、建築の確認申請や建築物の調査鑑定といった、特別な業務も行うことが可能です。もちろんこうした特別な業務を行うのですから、一般的に2級よりもかなり給料が高くなります。実際に調査を行うと、1級と2級では給料に2倍以上差があるという結果も存在するのです。このような1級も目指せるので、専門学校を選択するとお得です。

Copyright © 2016 建築の専門学校に通おう|即戦力が身につきます All Rights Reserved.