建築の専門学校に通おう|即戦力が身につきます

資格の取得と就職に有利

勉強中の男性

効率的に勉強が可能です

建築に携わる職業というのは、とてもたくさん存在しています。そしてそれぞれの職業は、別々の役割を担っているのです。そうしたたくさんの職業のうち、建築士という資格はとても重要な役割があります。建築士の資格を取得するには、複数の方法がありますが、たいていは建築科のある学校で学びます。建築科のある学校というのは、基本的には高等学校と専門学校と大学の3つになります。このうち専門学校は、二級建築士への合格率が高いために、人気のある資格の取得方法です。専門学校は大学とは異なって、建築の専門分野以外である、一般教養などの授業がありません。そのため専門学校では、専門分野だけを学べるので、効率的に資格取得のための勉強ができます。

良い結果が期待できます

実際の二級建築士への合格率ですが、受験者全体の3割以下に留まっています。国家試験には複数のものが存在していますが、合格率が3割以下のものは、それほど多くありません。すなわち二級建築士の国家試験は、難易度の高い試験に分類されるのです。このような低い合格率であるにも関わらず、専門学校の場合には8割を超えることも珍しくありません。8割を超えるということは、全体の合格率の2倍以上の合格率になるということです。また専門学校を選択すると、就職の面で有利になります。最近は就職活動の厳しさが、よくテレビや新聞などでも報道されています。しかし専門学校の場合であれば、10割に近い就職率であることが多いのです。したがって建築士を目指す場合には、専門学校を選択すると良い結果が期待できます。ただ専門学校ごとに特色が異なっているため、一度実際に授業風景の見学などには訪れるようにしましょう。

Copyright © 2016 建築の専門学校に通おう|即戦力が身につきます All Rights Reserved.